宇宙航空研究開発機構(JAXA)と企業・大学等が連携協力し、それぞれが得意とする技術・アイデア・知見などを結集して、共同研究により、宇宙航空発の新しいビジネスや魅力的な宇宙航空プロジェクトの創出を目指すための枠組みです。

当社では「無線機用自動追尾装置の開発」がJAXA との共同研究開発テーマに選定されました。

JAXA産業連携センターホームページ : http://aerospacebiz.jaxa.jp/jp/offer/

 通常の無線機用自動追尾装置は、電波の受信強度が最大となる方向を探り、通信アンテナを正対させる方式を採用しているために、 無線通信システムの一部装置として取り扱われ、汎用性がなく、複雑な装置となっています。

 本共同研究では、JAXA航空プログラムグループの災害救援航空機情報共有ネットワークシステム(D-NET)で開発した、位置情報を伝達することに優れたアルゴリズムを応用し、GPSを用いた位置情報か ら3次元で互いの位置を解析し、位置情報を交換することで、通信相手に向けて指向性アンテナを正対させる、簡易で軽量な構造の自動追尾装置の開発を目指しています。

 本装置の開発により、汎用通信機器を使用した移動体間の安定的な長距離かつ高速通信が可能となります。
  本装置を無人機航空機や地上で移動体通信に活用することで、救助活動での患者情報の高速転送や災害時の高精細画像伝送等への利用が見込まれます。

2012年度  無人機搭載試験 <2012年12月~2013年2月>

無人ヘリ搭載用の軽量型追尾装置を試作し、ヤマハ発動機株式会社の大須賀試験場において無人機への搭載実験を実施し3次元での追尾機能及び通信機能の確認を行いました。


2012年度 2次試作 <2012年5月~2013年3月>

2次試作機では、POE(Power over Ethernet)型無線機の搭載ができるように、スリップリングの採用試験を実施し良好な伝送特性を確認しました。

当社周辺にてフィールド試験を実施しています。

見学をご希望される方は、ホームページ最下の連絡先よりお気軽にお問い合わせください。


2011年度 1次試作 <2011年10月~2012年3月>

GPSでの3次元位置精度の向上化対応及び、姿勢制御の高速化・正確性の向上化対策を行いました。

株式会社ブイ・アール・テクノセンター 地域情報化推進部

〒509-0109 岐阜県各務原市テクノプラザ1丁目1番地

TEL: 058-379-2279  FAX: 058-379-2282 担当:根本 佐藤 藤代

E-Mail: tcrinfo★vrtc.net

※「★」記号を「@」に置き換えて下さい。(迷惑メール対策)

 
 

ページトップへ