VRトップページへ 

注射訓練プレート(ITP*)とは

注射訓練プレート(以下、本品)は注射や採血を行う際の動作を確認するために、皮膚や血管の感触を模擬した訓練用プレートです。
*ITP:Injection Training Plateの略。

本品は、平成23年度中部経済産業局様が企画し、学校法人愛知医科大学様が実施した産学連携課題ニーズ発表会を受け、VRテクノセンターが共同開発した製品です。
登録新案 第3180352号
注射訓練プレート ITP 注射訓練プレート ITP

事例(撮影日:平成24年7月6日 愛知医大医学部にて)

注射訓練用器具内にセット 講師による使用説明 注射訓練プレート(ITP)を使用した実施訓練 実際の採血訓練
1.注射訓練用器具内にセット 2.先生による使用説明 3.注射訓練プレート(ITP)を
使用した実施訓練
4.実際の採血訓練

製品仕様

寸法
長さ:80mm 幅:50mm 厚み:10mm
重量
約27g  硬度:0~5度
特長
・ 皮膚や血管、皮下脂肪等を実際に近い形で再現しています。
 
・ 底板は硬質な樹脂プレートを施し、簡単に針が突き抜けないようにしてあります。
 
・ 底板の両面テープで腕に固定して訓練が可能です。
使い方
裏面の両面シールをはがし、腕等に装着してご利用ください。
原材料
ゴム材、樹脂、粘着シール他
 
*血管内に血液を模擬したものは入っておりません。模擬血液の採血など他の仕様を希望される場合は別途ご相談ください。

注意事項

ページトップへ